ほんわか茶道部



カテゴリ:花鳥風月( 2 )


半化粧

おもしろい葉っぱがある。

24節気の一つである『夏至』(6月21〜6月22日)。
その24節気を更に分けた『72候』に、『半夏生 はんげしょう』(7月1〜7月2日)
という季節がある。

半夏(はんげ)と言われるドクダミ科の草があり、
夏至から半夏生の頃になると、葉っぱが白くなるらしい。
それで、半夏生を過ぎ、暑い夏になるとまた緑の葉っぱに戻るんだそうだ。

だからこの葉っぱは『半化粧』とも言われているそうな。

あ、そうか、半夏が生える時期だから『半夏生』と言うのか・・・。
日本には、私の知らない季節がいっぱいある。おもしろいから色々調べてみよう。

72候、もしかしたら私たち日本人はその繊細な季節のサイクルを無意識に感じながら
心の安定を図っているのかもしれない。
環境汚染などでそれを狂わせたりするから、狂った世の中になってしまうのだろうか・・・?

・・なんて考えてみた。
f0052646_1959776.jpg

[PR]
by honwaka-tea | 2006-06-26 19:59 | 花鳥風月

街中の桜がみごとな満開を迎えている。

今日は少し遠回りして、自転車で桜のトンネルをくぐってお茶の稽古に行った。
一日中、この桜の木の下に寝そべって桜を眺めていたいな・・なんて考えながら
携帯で写真を撮ってみる。

でも、きっとこの日記を読んでくださっている方も、各地で美しい桜を観て来たんだろうから、この日記に写真は載せないことにしよう。

それぞれの心に、それぞれの美しい桜が焼き付いているはずだから。

千利休が秀吉に朝顔が美しいのでと茶会に招いて、満開の朝顔の庭を眺めながらの茶会を期待して来た秀吉。
利休は庭や路地の朝顔を全部切り取って捨ててしまい
床の間に一輪だけ生けて秀吉を驚かせた。。という有名な話。

一輪であるがゆえに際立つ朝顔の美しさ。
秀吉は利休の美学に脱帽したそうな。

侘び・・という言葉
私は外国人に“侘び”を説明出来るかっこいい日本人になりたい!
[PR]
by honwaka-tea | 2006-04-01 21:46 | 花鳥風月


野の花を       一緒に眺めましょう  お茶を一服お入れします
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30