ほんわか茶道部



ハロウィン

f0052646_19545899.jpg

10月31日はハロウィン。

…と言っても、街中でハロウィンを騒いでるのを横目に、私は何のことやらさっぱり知らずにいた。
軽く調べてみたら、ハロウィンはケルト人という民族の収穫感謝祭を取り入れたキリスト教の伝統行事…とのこと。
この日の夜は、死んだ家族が家を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていて、それらから身を守るために仮面をかぶったり、魔除けの焚き火を焚いていたそうな。

いわゆる、日本で言うお盆?てこと?

外国人がお盆の時期に盆提灯を飾ったり、キューリや茄子に割り箸の足を刺したりして楽しんでるのを想像すると、あまりに滑稽で笑える。

外国人の目には、日本のハロウィンやクリスマスについてどう映ってるんだろうか?

我々は、お祭り好き、やおよろずの神の下で、大いに季節を楽しんでおります。とでも言っておきますか。

とりあえず、今年も天候に恵まれて、お米も野菜もちゃんと獲れたことに感謝しよう。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-10-20 19:54

茶房 李白

f0052646_16473327.jpg

経堂、すずらん通りをちょっと入ったところに『李白』はありました。

商店街の喧噪をまったく感じさせない、ひっそりと佇む李白。
入口にはスリッパが置かれていて、「こんにちわ」と言うと店の奥から静かに「いらっしゃいませ」とご主人の低〜い声が。

私が入った時は誰一人お客がいなくて、ほんとうに入ってもいいのか少しビビりましたが
勇気を出して靴を脱ぎました。

窓側のテーブルに腰掛けて店を眺めたら、こだわりの品々がセンスよく置かれていて
天井は太くて立派な梁が屋根をささえていました。
窓の外は椿やもみじなどの色んな庭木が茂っていて、格子の窓辺には水引草がそよそよ風にゆれて、木漏れ日が入ってきていて素敵でした。

メニューは珈琲紅茶チーズケーキ、抹茶に煎茶など
今日私が頼んだのは煎茶と和菓子でした。
秋らしく黄色い葉っぱにのせられて出て来た和菓子は、粒あんと栗の茶巾絞りで
甘くなくって素朴な栗の味と小豆の味がとても感動でした。

静かに、とにかく静かにゆっくり時間の流れる場所でした。
コツコツ、コツコツって振り子時計の音だけ聞こえて来て、じっくりゆったり本を読む事が出来ました。

入口の白い暖簾からは、やわらかい秋の風が。
季節とともにあるお店だと思いました。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-09-24 16:47 | その他

半化粧

おもしろい葉っぱがある。

24節気の一つである『夏至』(6月21〜6月22日)。
その24節気を更に分けた『72候』に、『半夏生 はんげしょう』(7月1〜7月2日)
という季節がある。

半夏(はんげ)と言われるドクダミ科の草があり、
夏至から半夏生の頃になると、葉っぱが白くなるらしい。
それで、半夏生を過ぎ、暑い夏になるとまた緑の葉っぱに戻るんだそうだ。

だからこの葉っぱは『半化粧』とも言われているそうな。

あ、そうか、半夏が生える時期だから『半夏生』と言うのか・・・。
日本には、私の知らない季節がいっぱいある。おもしろいから色々調べてみよう。

72候、もしかしたら私たち日本人はその繊細な季節のサイクルを無意識に感じながら
心の安定を図っているのかもしれない。
環境汚染などでそれを狂わせたりするから、狂った世の中になってしまうのだろうか・・・?

・・なんて考えてみた。
f0052646_1959776.jpg

[PR]
# by honwaka-tea | 2006-06-26 19:59 | 花鳥風月

躙口(にじりぐち)

躙口(にじりぐち)とは

京都など旅行に行った時によく目に止まる、庭から茶室に入る小さな入口のことを言います。
私は、何のためにこんな小さくしてあるのかが不思議で仕方がありませんでした。

侘び茶道を大成させた千利休は、茶室という空間を
ただの部屋・・ではなく精神的な目的を表現したということを知りました。

躙口の持つ意味の一つに・・
誰もが頭を下げなければ入れない。一旦自分の立場を捨てて茶室の中では対等な人間関係を持つ  (戦国の辛い世でさえも、茶室だけは平和な空間である)
どんなに地位のある人でも、無い人でも、身分を外に置く(刀を置く)

なんだか、上手に言えませんが・・
そんな感じで私は理解しています。

ただ、単に平等と言っても人には個性があって誤差があって当然。
ここで言う平等というのは、お互いに尊重し合ったり、譲り合ったり、敬ったりするって事なんじゃないのかな?と勝手に思っています。
茶室の外でもそうだといいんだけど。。

だから茶室は精神修行の場だと言われているんじゃないかと思います。

写真は、島根県松江市にある『明々庵 めいめいあん』という茶室です。
右側にかかっている棚みたいなの、これは“刀掛け”といって、
どんなに偉い武将でも、ここで刀を置いて茶室に入らなければいけなかったそうです。

    
f0052646_082611.jpg

[PR]
# by honwaka-tea | 2006-05-09 00:10 | 茶室について

新緑とお茶

f0052646_927718.jpg

ベランダにテーブルを持って出て、朝のお抹茶を飲んだ。

新緑が日に日に濃くなって来ているのがよくわかる。これからもこの木は毎日色を変えて行くんだな。

私も日に日に精進する努力をしてみよう。

自然から学ぶこと、たくさんある気がする
私の朝のお抹茶は、そんなゆとりの時間を作ってくれる。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-04-29 09:27

お茶を点てる道具

f0052646_2572.jpg


一応、茶道部と名乗っているので・・・
ご存知とは思いますが、お茶を点てる道具について書いてみます。

まず左から、、茶碗です(からかうなと怒られそうですが)
選び方はお好みにより、人それぞれです。
手触り、口をつけたときの感触、重さ、厚さ、、、自分がコレと思ったものでいいと思います。

お茶碗の点前にある小さい棒、『黒文字』と言います。
お菓子を食べる時に使います。
爪楊枝の材料、クロモジという木(樹皮に黒い斑点がついているからとか)から作られています。

その右側にある長いのが、『茶杓 ちゃしゃく』と言うもので、抹茶の粉をすくう時に使います。
普通のお抹茶は、この茶杓、約2杓が分量となります。

右上にある物が、『茶筅 ちゃせん』と言います。
言わなくてもきっとお分かりと思いますが、茶碗にお抹茶の粉を入れ、お湯を入れてから、その中でこの茶筅を前後に振り、茶を点てます。

まずは、これだけあれば、和菓子を食べて、お抹茶が点てられ、飲む事が出来ます。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-04-20 02:05 | その他

街中の桜がみごとな満開を迎えている。

今日は少し遠回りして、自転車で桜のトンネルをくぐってお茶の稽古に行った。
一日中、この桜の木の下に寝そべって桜を眺めていたいな・・なんて考えながら
携帯で写真を撮ってみる。

でも、きっとこの日記を読んでくださっている方も、各地で美しい桜を観て来たんだろうから、この日記に写真は載せないことにしよう。

それぞれの心に、それぞれの美しい桜が焼き付いているはずだから。

千利休が秀吉に朝顔が美しいのでと茶会に招いて、満開の朝顔の庭を眺めながらの茶会を期待して来た秀吉。
利休は庭や路地の朝顔を全部切り取って捨ててしまい
床の間に一輪だけ生けて秀吉を驚かせた。。という有名な話。

一輪であるがゆえに際立つ朝顔の美しさ。
秀吉は利休の美学に脱帽したそうな。

侘び・・という言葉
私は外国人に“侘び”を説明出来るかっこいい日本人になりたい!
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-04-01 21:46 | 花鳥風月

お茶を飲む

f0052646_235653100.jpg

私は、毎朝お抹茶を点てて飲むのを日課にしている。
寝ぼけた頭がスッキリするのだ。
朝コーヒーを飲むのと同じ感覚で飲む。
手間でいうと、コーヒーとそうは変わらないと思う。

必要な物:茶碗 ・ 茶筅 ・ 抹茶  ・・以上。(たまにお菓子も付く)

何も気取った事はしない。台所の流しで立ったままシャカシャカシャカシャカ茶筅を振る。

もともと日本にお茶が流行し始めたのは、“栄西禅師”が始まり。
お薬として飲まれていたようだ。
鎌倉将軍 源実朝が、二日酔いの頭痛を起こしてどうにもならない時に
栄西がお茶を飲ませた(?食べさせた)ことで実朝さん大喜び・・・
が始まりらしい(栄西の喫茶養生記より)

お茶の葉っぱをそのまま臼で挽いて粉にしたものを、そのまま体に入れるから
カテキンは緑茶とくらべても抜群に豊富なのだ。

これで、私の毎朝はどんなに泥酔後でも絶好調!!になるわけ。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-03-27 23:57 | その他

大炉

畳に掘ってある囲炉裏みたいな穴の事を、“炉”と言います。
10月〜4月にかけて“炉”の季節、5月〜9月にかけては畳の上に置く“風炉”の季節と決まっています。
同じ“炉”でもこの厳寒の時期のみ“大炉”を開くのです。
普通の”炉”よりサイズが大きいので、いつもより多めの炭を入れられるのでとても温まるのです。

炉の中は、よく湯が沸くような工夫が満載。これも長年にわたって試行錯誤で研究されたことなんでしょう。入れる炭の大きさも、形も、数も、くべ方も、全て決まっています。
だいたい二〜三時間のお茶会で燃える量の炭、丁度お茶を飲む頃にいい塩梅に湯が煮えるような炭のくべ方が決まっているのです。
炭をくべたら、“湿し灰”と言ってその名の通りに湿った灰を炉の縁の方に入れます。
そうすると、炉の中で対流が起こって、ますます良い火になるのです。

おいしいお茶を飲むために、そんな見えないところにも工夫が凝らされているのです。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-02-21 23:41 | お稽古覚え書き

梅花和雪香

梅花和雪香(ばいかゆきにわしてかんばしい)

今日の掛け軸は、素敵でとてもうれしいものだった。
なんとも季節感のある言葉に私の名前が入っているではないですか!?

長く厳しい寒さに耐えて、梅花は凛とした美しさと気高い香りを放つ。 
この梅のように、人も世の時流に流されずに色々な苦難に耐えての精進あってこそ
高潔な人格が得られるものなのだ。(エラそうだな〜)

この名に恥じない精進をしたいものだ。

今日の床に飾ってあるお花は、敬翁桜(けいおうざくら)と白玉椿(しろたまつばき)だった。
敬翁桜は、この時期に咲く桜なのだそうだ。
白玉椿、その名の通り月見団子みたいな(花より団子じゃないか!?)
そんな丸くてポッテリしたお花。

椿の種類って、世界に何千と品種がある(開発されてる)そうな。
白玉椿と言われても、うずらの卵椿と言われても、ピンポン椿と言われても
私、納得しちゃうかも・・。
[PR]
# by honwaka-tea | 2006-02-06 00:56 | 飾り物について


野の花を       一緒に眺めましょう  お茶を一服お入れします
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28