ほんわか茶道部



茶房 李白

f0052646_16473327.jpg

経堂、すずらん通りをちょっと入ったところに『李白』はありました。

商店街の喧噪をまったく感じさせない、ひっそりと佇む李白。
入口にはスリッパが置かれていて、「こんにちわ」と言うと店の奥から静かに「いらっしゃいませ」とご主人の低〜い声が。

私が入った時は誰一人お客がいなくて、ほんとうに入ってもいいのか少しビビりましたが
勇気を出して靴を脱ぎました。

窓側のテーブルに腰掛けて店を眺めたら、こだわりの品々がセンスよく置かれていて
天井は太くて立派な梁が屋根をささえていました。
窓の外は椿やもみじなどの色んな庭木が茂っていて、格子の窓辺には水引草がそよそよ風にゆれて、木漏れ日が入ってきていて素敵でした。

メニューは珈琲紅茶チーズケーキ、抹茶に煎茶など
今日私が頼んだのは煎茶と和菓子でした。
秋らしく黄色い葉っぱにのせられて出て来た和菓子は、粒あんと栗の茶巾絞りで
甘くなくって素朴な栗の味と小豆の味がとても感動でした。

静かに、とにかく静かにゆっくり時間の流れる場所でした。
コツコツ、コツコツって振り子時計の音だけ聞こえて来て、じっくりゆったり本を読む事が出来ました。

入口の白い暖簾からは、やわらかい秋の風が。
季節とともにあるお店だと思いました。
[PR]
by honwaka-tea | 2006-09-24 16:47 | その他
<< ハロウィン 半化粧 >>


野の花を       一緒に眺めましょう  お茶を一服お入れします
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28